マンション売却を考えているなら手続きの流れを確認しておこう

男女

安い家賃が魅力の物件とは

女性

家賃が安い理由

東京にある賃貸物件や売買されている不動産の中には事故物件も含まれています。事故物件とは、建物の中で起きた事件や事故で住人が死亡している物件のことをいいます。殺人、自殺、原因不明の孤独死、火災や水害による死亡者が出た建物は、長期間空き室になり売買物件の価値が下がる傾向があります。不動産会社が家賃の大幅な割引をしても事故物件に対する恐怖心や嫌悪感を感じる人が多く借り手や購入者が見つからないのが実情でした。ところが、近年では事故物件サイトをメディアで取り上げられたことにより、家賃の安さに興味を持った人が入居を希望するようになってきました。事件や事故が起こった場所はリフォーム工事やクリーニングが行われており通常の賃貸物件と変わりはありません。死亡理由が気にならない、家賃の安さを優先する方には良い物件と言えます。事故物件を扱っているのは東京の民間不動産会社だけではありません。UR公団では事故物件を特別募集住宅として入居希望者を募集しています。東京のUR公団住宅は駅近くに建てられていたり、大型ショッピングセンターが近いなど立地条件が良い物件が揃っています。特別募集住宅の入居者を募集するとすぐに決まってしまい空き室待ちの状態となっています。事件や事故が起きていなくても東京では小中学校周辺の物件も広い意味で事故物件として扱われています。子供の声が騒音として捉えられいたずら被害が懸念されることから避けられる傾向にあります。また、臭いや騒音などを理由に工場や遊戯施設なども事故物件の中に入れられており家賃が割引されている物件があります。興味がある方は不動産会社に直接問い合わせてみましょう。

Copyright © 2017 マンション売却を考えているなら手続きの流れを確認しておこう All Rights Reserved.